ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農・業界

増田出荷会 (秋田県)、タイ語ビデオでリンゴ販促

  • 編集部
  • 2006年12月01日
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
進むアジアのブランド戦略 秋田県横手市の「増田出荷会」が、リンゴ販促用にタイ語のPRビデオを制作した。
進むアジアでのブランド戦略

 秋田県横手市の「増田出荷会」が、リンゴ販促用にタイ語のPRビデオを制作した。同会はリンゴ農家14人が、販売力の強化を目的に結成したもの。2年前の中国への出荷を皮切りに海外展開を始め、昨年はタイへ「ふじ」50ケース(1ケースは10kg)、「王林」40ケースを出荷した。バンコクの試食会では、「みずみずしくて美味しい」と高い評価を受けている。

「手応えは感じたが、商品の魅力を伝え切っていないもどかしさもあった。『なぜ高いのか? なぜ美味しいのか?』を説明する必要性を感じていたところ、日本のナシ産地がタイでビデオを放映していることを知り、これだと思った」と、会長の藤原隆行氏はビデオ制作のいきさつを語る。映像は3分半ほどで、剪定から収穫までの一連の作業が収録され、手間隙かけて丁寧に生産している様子が紹介されている。ビデオは今後、現地試食会の際などに使用される。

 同会のリンゴの価格は、高いもので1個200バーツ(約640円)。現地で売られる中国産や韓国産の約8倍もの価格だけに、「どう価値を認めてもらえるか」が販売上の大きなポイントとなる。

 今後はシンガポールへの販路拡大も計画しており、高品質を武器にしたアジア進出にさらに力を入れていく予定だ。

関連記事

powered by weblio