ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

イベントレポート

2015年度 土を考える会 研修会(関東)


実演されたのは、複合作業機とGPSレベラーだ。
このうちGPSレベラーについてはその利用を進めるため、柏市が市内に2カ所のRTK‐GPSの基地局を設置しているという。トラクターに装着した移動局で基地局から補正情報を受信し、レベラーの現在地と高低に関する情報を参考にマップを作成し、整地作業をする。
今回の実演会ではトラクターの運転席にパソコンを備え付け、その画面に現在作業中の圃場の高低マップが映し出されていた。高低差に応じて色分けされ、たとえば赤色は高いところ、白色は均平作業をしなくてもいいところ、青色は低い箇所と一目見ただけで理解できる。オペレーターにとってみれば、トラクターを操縦しながら塗り絵をしていくような感覚だ。
希望者は複合作業機も含めて試乗した後、研修会は閉会となった。

関連記事

powered by weblio