ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

快眠生活のすすめ

昼寝の達人になる!


★時間
【睡眠慣性に陥らないために】
昼寝の時間は15~20分にしましょう。目をつぶっているだけでも効果はあります。
30分以上、眠らないようにしましょう。長い時間眠ると深い睡眠に入ってしまい、目が覚めたときにかえって眠気や疲労感が強まってしまうのです。その現象は「睡眠慣性」と呼ばれ、長い場合は数時間続くこともあると言われています。昼寝をする際に最も気をつけてほしいことです。
★時間帯
【睡眠禁止帯を知っておこう】
昼寝は12~15時までに。夕方以降の仮眠は控えましょう。
とくに19~21時は睡眠に適さない「睡眠禁止帯」と呼ばれています。眠りにくい時間帯というだけではなく、この時間での仮眠は、夜に眠れなくなるなど、悪影響が出てきてしまうのです。
★体勢
【夜の眠りを妨げない知恵】
イスやソファーで座って眠るようにしましょう。深い睡眠に入らないようにするためです。
布団やベッドで眠らないようにします。心地良いと長く眠りすぎてしまうからです。横になって眠りたい場合は、アラームを使い、短時間で起きられるようにしましょう。

これでさらに昼寝効果アップ!

【昼寝の前に】
昼寝の前にコーヒーを飲みましょう。「それだと眠れなくなるのでは?」と思われるかもしれませんが、コーヒーはおよそ30分後にその覚醒効果が現れます。つまり、昼寝前に飲んでおくと、起きたときに効き目が出るため、すっきりと目を覚ますことができるのです。

【昼寝の後に】
目覚めた後は日光を浴びましょう。明るい光を目に入れることで頭がすっきりとします。

関連記事

powered by weblio