ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

トウモロコシのはなし

畜産飼料としてのトウモロコシ



─畜産物以外で、Non-GMトウモロコシを使った商品は?
鷲尾:太田油脂(株)製造の国内唯一のNon-GMトウモロコシ胚芽を使った圧搾コーン油(910g入)を取り扱っており、年間約5,000本出荷しています。太田油脂ではこれまでもNon-GMナタネ油用などのNon-GM商品の取り扱いルートがありましたが、弊社との契約によってより本格的なNon-GM油製造に取り組むことになったと聞いています。弊社では意識の高いお客様が多いため、このようなNon-GM商品が積極的に選択されていると認識しています。

─Non-GMOの調達に関して、今後の展望は?
都丸:今後はますますNon-GMOが手に入りづらくなると危惧しています。じつは今年の春、同業態の数社で集まり、Non-GMOの調達や商品ラインナップについて会議を行ないました。幸い弊社では基準を変えずにやってきていますが、他社ではNon-GMO指定という基準を崩して、部分的にGMOに変更するところも出てきています。しかし、我々のような国産やオーガニックにこだわる業態においては、他社と差別化できない商品を扱っても意味がありません。お客様の選択肢を準備するためにも、今後も引き続きNon-GMOにはこだわりたいと思っています。そのなかで、国産Non-GMトウモロコシの生産は、我々にはありがたい話です。ゆくゆくは輸入Non-GM並みの価格になればと期待していますが、それまではお互いに相談しながら、前向きに導入を検討していきたいと思います。

(株)大地を守る会
1977年にNGOとして発足。2011年に(株)大地を守る会と名前を変え、NGOを統合。国産を中心とした安心して食べられる食品の宅配事業を軸に、レストランや惣菜デリ、住宅事業などを展開している。千葉県千葉市に本社を置き、社員数は198名(2015年3月現在)。

関連記事

powered by weblio