ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

トウモロコシのはなし

トウモロコシとカビ毒(2)


●DON・NIV
DONやNIVは、赤カビ病菌(Fusarium属菌)を原因菌とするトリコテセン類のカビ毒である。栽培時に付着して増殖し、カビ毒を産出するもので、収穫後の保管時には増加しないという実験結果がある。ヒトでは発がん性が確認されていないものの、嘔吐や下痢、食欲減退などの食中毒症状、免疫不全を引き起こす。家畜でもとくに豚で同様の症状が認められている。
現在、食品では小麦のみに暫定基準値(1.1mg/kg)が設けられ、栽培に関して「麦類のデオキシニバレノール・ニバレノール汚染低減のための指針」が定められている。
飼料については、飼料安全法で管理基準が定められており、「飼料等への有害物質混入防止のための対応ガイドライン」に基づく管理が求められている。このガイドラインは輸入トウモロコシを前提として書かれており、あくまで飼料メーカーなどが原料の監視、検査を行ない、安全な飼料をつくるためのものである。
表1に示したとおり、国産トウモロコシ(デントコーン)では、このDON・NIVの検出率が高い。
国産トウモロコシは、現状牛用のホールクロップサイレージとして活用されるのが一般的である。牛は反芻(はんすう)動物であることからDON・NIVに汚染されたサイレージを食べても直接的な影響は受けにくいとされているが、家畜はそもそもカビが生え変敗した飼料を好まないうえ、カビにより栄養価が下がることもわかっている。副次的な影響を防ぐためにも、生産段階のカビを防ぐことが求められる。
これに関して、農研機構動物衛生研究所などの監修のもと、一般社団法人日本科学飼料協会と一般財団法人日本食品分析センターが共同で「トウモロコシサイレージのかび毒汚染を防ぐための対策~デオキシニバレノール(DON)を例として」という冊子を作成し、栽培時の管理方法などについて啓蒙している。
●フモニシン
フモニシンもDON・NIVと同様に国産トウモロコシで高頻度に検出されている。Fusarium属菌、Aspergillus属菌が産出するカビ毒で、DON・NIVと同じく栽培段階で産出される。
ヒトでは新生児への神経系の催奇形性を引き起こす一因と言われているが、国内では食品における基準値が設けられていない。参考として、コーデックスの「穀類のカビ毒汚染の防止および低減に関する実施規範」では、未加工のトウモロコシ穀粒で最大基準値4mg/kg、コーンフラワーおよびコーンミールで2mg/kgとなっている。米国、EUでは主食としてトウモロコシ粉末を利用する機会が多いため、より細かい基準が定められている。

関連記事

powered by weblio