ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

これからの農業・農村の道しるべ

[前編]非市場経済をどう成立させるか


小川 カルビーが契約栽培によって非市場経済を実現したことはよくわかりました。これは強力なマーケティングを持った垂直統合型のビジネスモデルだと思いますが、いかがでしょうか。
松尾 そのとおりです。本にも書きましたが、カルビーは商品ラインナップを増やすことでシェアを維持してきました。ですが、だいぶ市場経済に入ってきています。
小川 では、どのように変えたら、市場原理を脱したまま水平展開できるのでしょうか。
松尾 地域でとれた原料を加工した地域限定商品です。輸入原料などそのものではなく、地域でとれたものを守るという食習慣をつくることで、消費者が地域を守るという仕組みができます。
小川 先ほど話に出た麦や大豆、トウモロコシなどは、コメと違ってそのまま流通できませんから、自給圏のなかに技術力のある加工メーカーがなければいけないわけです。カルビーはジャガイモを加工しているわけですが、ジャガイモ以外の作物でも可能ですか。
松尾 カルビーは全国規模で自給をやったわけですが、たとえば大豆なら地域の豆腐メーカーが、自分たちがやろうとリーダーシップを発揮すればできることだと思います。

地元の小売・加工と連携して
地域住民を引き込む運動

小川 来る時代に求められるのは、地域の小売店が地域の食品加工メーカーと連携するということだと思います。すでにかかわり合っているところもありますが、地域の小売業は自分たちがやっていることが正しいという論理的なお墨付きがないので迷いがあります。米国のチェーンストア理論以外に、理論と呼べるものはありませんからね。結局、大手のイオンやヨーカドーの顔色を見ながらやることになるんです。
松尾 大手も地域の小売業も、自分たちで加工場を持っていますよね。ところがコメや野菜、果物は地域産のものを使いますが、麦や大豆、トウモロコシといった穀類は輸入したものを使っています。
小川 そこが問題なんです。輸入した食材を食べているだけでは地域の食を支えられませんから。
松尾 そこをぶった斬りたいですね。1年365日毎日平準的に消費されるものがナショナルブランドになっていますが、これを地域の元気な人がつくればいいのです。具体的には手づくりハム・ソーセージ、味噌、醤油などです。たまにしか消費されないニッチな商品に努力しても成功は乏しく、コストがかかります。
小川 地域の小売店で、そういう日常食が安く売られるようになったらいいですね。

関連記事

powered by weblio