ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

土門「辛」聞

農林部会長・小泉進次郎 振り上げた拳の行方


担がれた進次郎

骨太PTで生産資材価格問題の議論を重ねても、ついに全農から満足な回答を引き出すことはできなかった。それは全農だけが悪いのではなく、進次郎の攻め方が悪かったということに総括できる。グランドデザインの欠如というほかに、進次郎が提出させた資料は、その大半がデタラメな内容だった。そのためか、多くの議論が乱雑というか上滑りの印象を与えた。農業機械で説明してみたい。
罪作りなのは、日本農業法人協会だ。この協会はプロ農業者の集まりと自称するが、補助金依存の赤字農業集団でしかない。その連中が、生産資材価格問題について進次郎に提言したというから驚きだ。無責任なアドバイスで進次郎を右往左往させた。韓国へ現地調査に赴いてまとめた報告書は、プロとは言い難いズサン極まる内容。最初から進次郎の意向に沿うよう結論先にありという代物。農業機械が好例。
「(韓国製の)クボタと韓国メーカーを比較すると、トラクターが26~36%、コンバインは38~49%、韓国メーカーが安い」
韓国製トラクターは、日本の排ガス規制に適合しない旧式エンジンを搭載している。日本農業法人協会はこのことに気がつかなかった。輸入するとなると、エンジンを国内規制に合わせる改造が必要なため、かえって高くつく。じつは、新潟で韓国製トラクターを輸入していた業者がいた。電話で聞いてみると、やはり改造コストなどで輸入の取り扱いを2年前からやめてしまっている。
これが漫画的なのは、調査に携わった農家が、韓国製トラクターが安いと進次郎に吹き込んでおきながら、誰一人として韓国製を使っていないことだ。進次郎はこの連中にまんまと担がれてしまったのだ。担いだ面々は、進次郎にすり寄ることで、補助金の恩恵に与ろうとしているのだろうか。進次郎より、この輩の方が役者は一枚上手だ。
「農薬の価格差、農協内で最大2倍」に「調査が必要」と大見得を切った進次郎、ついに振り上げた拳を下ろせなくなった。いい加減にしてほしいのは、進次郎の肝いりで農水省が予算を組んだ生産資材価格の「見える化」事業だ。農業版「価格ドットコム」という触れ込みだ。すでに補正予算で5000万円を要求している。なんのことはない、進次郎の面目を保つため、農水省が配慮した無駄な予算だ。
それだけ「見える化」が必要と主張するなら、税金を使わずに進次郎が自身のブログでやったらどうだろうか。(文中敬称略)

関連記事

powered by weblio