ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

スガノと決別する「土を考える会」

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第252回 2017年05月08日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
スガノ農機は我が社の株主である。それだけではない。先々代の社長である故菅野祥孝氏が背中を押してくださったことでこの『農業経営者』を創刊できた。経済的にもご支援をいただいてきた。しかし、今月号そして来月号に掲載を予定している全国土を考える会役員の座談会を含めて、その内容は現在のスガノに対して弓を引く内容のものになるだろう。僕はスガノ農機の役員人事についてとやかく言える立場にはない。しかし、「全国土を考える会」に関しては別である。
その前身である「北海道土を考える会」は、昭和53年(1978年)に祥孝氏の呼びかけで北海道内の20名の先端的農業経営者が集まり、土と経営を語り合う会を開いた。それをスガノ社員が聞くというのが祥孝氏の目的だった。集まった農家たちは、参加者についての風評は聞いていても、出会い、語り合うのはそれが初めてだった。そして祥孝氏が閉会の挨拶を始めたのを遮って、網走市から参加していた石川武氏が「来年もこの勉強会を続けよう」と呼びかけた。それが、以後40年にわたって続く北海道土を考える会の始まりだった。この経過については本誌の17・18号(96年6・8月発行)に掲載されている「我らにとっての『土を考える会』」と題した座談会を読んでいただきたい(本誌のホームページ上で検索すればどなたでもお読みいただける)。
毎年7月10日にスガノ農機本社(現・土の館)がある上富良野町で開催される土を考える会には農機メーカー各社も注目した。総会に合わせて土を考える会が主催した最新農業機械の実演検討会には6千人もの農家が集まる大イベントにも発展した。しかし、そうした大規模イベントは土を考える会の本質ではなく“原点回帰”しようということで、その後中止になった。

関連記事

powered by weblio