ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

ロブストス高垣の今日も一丁あがり

思い入れのあるハンドルで農作業がしたい!ラリーレーサー農家の夢を実現せよ!の巻


夢は実現するためにある! そこで、ヤンマーさんからは安全基準の観点でセンターホーン機能は守ってほしいとお願いがあったので、ステアリングシャフト側と車体側と2つの電気回路を作ってセンターホーンで接続する機構にしなければなりません。つまり、ステアリングボス全体を、絶縁体をかました三層で作る必要があるわけです。もちろん、YTトラクターとMOMO社製ステアリングですから、見た目のキレイさにもこだわりたいですよね♪
【今回の工程はコチラ】
(1)スプライン加工にテーパー加工、基本となるステアリングボスを切削加工
(2)絶縁体として樹脂を切削加工
(3)銅板をレーザー加工
(4)配線も含め、組み立て
細かい仕様は割愛しますが、脳に汗をかきかき、見た目もバッチリで完成~~~~~♪
「圃場に向かう時に、よしやるぞ!という気持ちになる」「精神が落ち着く」「もう1時間やろうと自然に頑張れてしまう」「このトラクターは必ず長く大切に使うよ」と、会心の笑顔で喜んでくださいました!! 現場からのこうした喜びの声こそがロブストスを熱くさせてくれます。今回も感謝です。ということで、今日も一丁上がり~~~♪

関連記事

powered by weblio