ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

我らにとっての「土を考える会」


本誌 今日ご参加されているような経営者の方々が語る「正論」は強者の独り善がりの意見として排除され、またそういう人々が生まれ、成長することをわが国の農業界は意識的に排除してきた。体裁の良いオタメゴカシで騙されているけど、これまでずっと農業の経営者は農水省や農協であって、農家はいわば作男の位置に置かれ続けてきたわけです。主体意識を持った農業経営者の立場にたつことを邪魔され続けてきたのではないでしょうか。
勝部 いや作男ならカワイイわ。奴隷だよ(笑)。
本誌 その結果、農業に関連する業界も、お客さんとしての農家を見つめるのではなく、その向こうにいるお金の出所である行政や農業団体の方を向いて商売をし続けることになった。そこにある利権にあずかるために。しかし、そんな楽な商売をし続けてきた業界もまた、なかなか自己改革ができず体質を変えられないでいる。補助金漬けの農業が弱いように、企業も利権を与えられればそれだけ体質が弱くなっていくのです。また、農業へのオタメゴカシを言うことより他に言葉がなく、もとより自らの存在理由を問えないような多くの行政や農業団体関係者たちは、天からお金が降らなくなってきている今、右往左往しているわけです。一方、農家も自ら意思決定する経営者の立場に置かれてこなかったために、やはりお上の方を向いていて、農産物を買ってくれる「お客様」のことはあまり考えない体質が身につき、それが事業者としての成長発展を妨げているのではないでしょうか。むしろ、実際の農産物を買ってくれる消費者のお客さんや、川上でなく川下の企業のなかに、真剣に日本農業の未来を心配している人もいるのです。
それこそ勝部さんのいう使命感だとか、石橋さんのおっしゃる土に貯金するなんて発想がなく、楽して食える場所を求めて、しかも自分だけは生き残りたいという惨めなサバイバルゲームをやっている。なぜ、土を考える会のメンバーが生き残り発展していくのかということを、農業経営者だけでなく農業関係者にも考えていただきたいですよね。

【俺を真似るな、好きにやれでも、君は何がしたいのだ】

駒谷 僕自身も農地は自分のものと言うよりは共有の財産だと思いますし、いろんな面で皆さんがおっしゃったことと同じ考えです。それで僕の農場はどうなのかというと、僕個人には年金がありますからね。家内と二人で年金を貰えば農協の職員と同じぐらいの生活は出来るので老後の心配はないんです。だから子供たちに限らず農場を継いでくれる人に農場をやらせたいと常に言ってきたし、今でもそう思っています。たまたま弟の息子と僕の息子と娘がやることになっただけだ。そこで息子達には、若い人の役割として、絶対僕たちがやってきたことをやってはならない。僕が今までやってきた農業をお前たちがやろうとするのは駄目だぞといっているんです。それは何故かというとやはり時代が大きく違うし、これからも変わって行くだろうから、自分がやろうとする農業をやれよ、お前たちのやりたいやり方を目標を持ってやれと。全く農作業労働をやらない農業経営があってもよいではないか。

関連記事

powered by weblio