ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

我らにとっての「土を考える会」


この会合を発足して多くの素晴らしい経営者と交流をさせていただいて、何というか、ファイトというか生きがいみたいなものを感じましたよ。ヨシ、勝部さんに負けるものかってね。やはり勝部さんが一番の目標になりましたからね。それが今日までつながっているのだけど、俺らも年取って、次の世代に移っていくのを見ると、自分たちが作った会だけどたいした会だなあと思って。この会がいつまでも続けばいいなと思ってますよ。

【あの出会いがなければ今の自分はないだろう】

司会 ところで駒谷さんが入会されたのはいつになりますかね?
駒谷信幸 勝部のお爺さんのお話を聞いた記憶がありますから2回目からでしょう。たまたま宮北さんたちと同じ長沼の生まれということで参加させていただいたと思います。皆さんの自己紹介で話される面積を聞いてびっくりしちゃって。僕はその当時、水田50 haと畑が20 haで70 haくらいあったんだけど、恥ずかしくて目を見られなかったね。その位びっくりした。46年にアメリカに視察に行って、国府田農場さんの1800haとかの水田を見てきて少し外国を意識するようになったんだけど、北海道の中にもこんな素晴らしい人がいるんだと思った。僕はその頃、ここまでできたから後はゆっくりやろうくらいに思ってたんですけど(笑)、これで燃え上がりましたね。
司会 3、4年続けた頃ですか、土を考える会は大規模農業経営者達の集まりだから、平均的な20 haくらいの規模の経営者の方から我々の話す仲間ではないと思われて、事務局としては苦労した時代もありました。最近はかなり変わって広く認知されるようになってきましたけど。その当時、駒谷さんの所にお邪魔して、強烈な印象を受けたのを覚えています。その時、自分は堆肥が欲しくて豚屋さんを自分の土地に呼び込んだ、と。そしてここで経営してもらってそのカスを貰うんだ。そのカスこそが一番の儲け所なんだといっておられました。その上、家から180kmも離れた様似町に肉牛の牧場をこれから作るという。その夢の壮大さに驚きました。
ところで去年、本別の農業大学校の経営者のための研修コースの方々が土の館に来られたのですが、36名の中で女性が一人いました。それが駒谷さんのお嬢さんだというじゃありませんか。酪農学園大学で獣医士の資格を取られた上でその牧場をやっているというじゃありませんか。弟さんがお父さんの水田の部門をやるだろうとおっしゃる。さすが一家をあげて夢を果たされているなと感動しましたよ。

関連記事

powered by weblio