ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

土門「辛」聞

タマネギと二条大麦 佐賀県農業「失敗の本質」

佐賀県は、2016年産のタマネギで過去最悪のベと病被害を出してしまった。ビール原料になる二条大麦も低品質。農家の手取りはライバル産地の半分以下という有様。特産イチゴの生産量も右肩下がり。べと病被害を通して佐賀県農業の実態を紹介してみたい。

タマネギべと病大発生
3年間で出荷量半減

佐賀特産のタマネギべと病被害は、16年産の出荷量が7万4500tと、病気大発生前の13年産に比べて半分となる過去最悪の大被害となった。これだけ被害を拡大させたのは、発生予察や防除などの相次ぐ失態だった。
ここ数年、ベと病は各地のタマネギ産地で大発生した。佐賀県のように防除に失敗した産地もあれば、病気を克服した産地もあった。表1は、出荷量の多い北海道、兵庫、佐賀の3トップ産地に長崎(5位)の出荷量の前年産比を示したものである。
佐賀は、3年間で半減した。「産地壊滅」と表現しても、あながち誇張ではない。佐賀にとって最大のライバル、兵庫も、この間、ベと病の発生に悩まされたが、出荷額は前年産比3.8%減にとどまった。その程度の出荷減にくい止めることができたのは、兵庫県の防除の取り組みが奏功したものだが、着目すべきは、佐賀にはない大きな要因だ。それは肥料や農薬などを扱う肥料商やタマネギ集荷商など商人系業者の存在。
兵庫では、ベと病が発生すると商人系業者と農協の双方が防除で知恵を出し合う。わが友人のSさん(南淡路市)は、日頃から「病気が発生しても俺の技術で農家が儲けてもらったら酒がうまいがな」が口癖の肥料商。商人系業者に負けじと農協も知恵を出す。両者は競争関係にあるのだ。
残念ながら、佐賀にはその競争がない。佐賀にも商人系業者はいる。ただ、農協の力が強すぎて萎縮してしまっている。その農協に行政も及び腰だ。農協組織が知事の選挙母体になっているからだ。

関連記事

powered by weblio