ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

シリーズ水田農業イノベーション

子実トウモロコシの生産拡大に向けた現地研修会in茨城県境町

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第22回 2017年11月02日
  • 価格:103円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
9月14日に茨城県境町の(株)塚原牧場の圃場を中心に農水省関東農政局主催による「子実トウモロコシの生産拡大に向けた現地研修会」が開催された。今年で塚原牧場の子実トウモロコシ生産は3年目である。初年度は収穫目前に関東・東北豪雨の被害を受けた。需要者(養豚家)でありながら飼料生産に積極的に関わる姿勢を応援するとともに、クボタ・ヤンマー両社の協力を得て収穫実演イベントを我々が企画していたが、残念ながら開催を中止せざるを得なかった。あれから2年、塚原牧場の塚原昇氏が子実トウモロコシの生産を続けてきた結果としてこの日を迎えられたと思う。
本文を読む

関連記事

powered by weblio