ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

子どもの好きな野菜、嫌いな野菜 トマト/バレイショ/ゴーヤー/ピーマン

野菜の消費に関する数字が向上している。野菜の消費者調査を続けているタキイ種苗が、「野菜の日」の調査で、親の7割が「子どもが野菜好き」と答えたという。「十分に食べさせている」と「ある程度は食べさせている」が68%で、前年よりも上がった。子どもが好きな野菜はトマトで6年連続トップ。2位にはバレイショが入った。一方、嫌いな野菜は引き続きニガウリが1位、昨年は2位だったピーマンは5位に。ピーマン嫌いが減っているのは、調理の工夫や食べやすいレシピ提案、野菜の機能性に関する認知度も近年徐々に上がっていることも関係ありそう。野菜の好き嫌いの推移を見てみよう。
本文を読む

関連記事

powered by weblio