ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!―農業現場の変化

日本一の黒衣をめざす産地集荷業者/㈲油屋(茨城県古河市)

茨城県は都府県ではNo.1の農業産出額を誇る。かつては千葉県とトップを競っていたが、2008年以降、逆転した。農業の発展地域である茨城県を見て興味を引くのは、産地市場(地方卸売市場)や仲買人が多いということである。特に野菜産地で多い。農協の独占的地位はない。産地集荷業者の(有)油屋もその一つで、個人経営であるが、契約栽培農家の延べ経営面積は850haに及ぶ。農業発展地域を支える流通業者はいかなる機能を果たしているか。
本文を読む

関連記事

powered by weblio