ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

独断注目商品REVIEW

らくらく隊〈長靴用〉ムレ対策


前置きが長くなってしまったが、ここから本題に入る。営農時に用いる靴といえば長靴だろう。作付品目によってはスニーカー派もいるかもしれない。長靴にはそもそもインソールがないことが多く、内側の底の部分は硬いうえ、足の甲の上の部分も結構すき間が空いていたりする。スニーカーを含め、仮にインソールがあっても、それは万人に合うよう設計されており、最低限の機能しか持たせていない。
今回紹介する(株)村井は靴の部品メーカーで、市販用でインソールを手がけている。対象範囲は幅広く、女性用から男性用、子ども用、幼児用、産前用、産後用まである。外反母趾対策や偏平足対策、腰痛対策、O脚対策など、足や靴のトラブルで悩む現代人をそれこそ全方位から支えようとしている。
同社の長靴用(レインブーツ、ワークブーツを含む)商品には次の2つがある。
メインの「らくらく隊〈長靴用〉ムレ対策」は、ハチの巣のようなハニカム構造のキュービックアイクール(冷感加工)を採用しており、こもりがちな熱や湿気を放熱・放出することでむれにくくなっている。他社との差別化ポイントである立体形状では、アーチを正しい形に保ち、衝撃を和らげる働きを備えたアーチサポートパッドを3カ所に配置した。また、つま先部分を約5mm厚くしたことで長靴が足にフィットするようになっている。
果樹園や施設園芸をはじめ、長靴を履いて歩いたり、立ったりして作業する品目ではとくに有効だろう。機械に乗車して作業する人でも長靴がしっくり来ていなければ強い味方になるはずだ。
一方、形状が同じシリーズ商品は、吸湿・発熱素材を採用しており、温かさを保てるものになっている。
すべての土台となる足に収まりの悪さを感じている人は一度見直してみてはどうだろうか。 (永井佳史)

関連記事

powered by weblio