ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

人生・農業リセット再出発

米の収穫4割増、アトピーも消す酵素水(黒木安馬)

身土不二。その土地で採れたもの、長年食べ続けられてきたものが身体に一番良いという“食養”である。食べたデンプンを唾液のアミラーゼ酵素が、タンパク質は胃液のプロテアーゼが、脂肪は膵液リパーゼがそれぞれ分解する。
酵素は3,000種もあるが、どれも一つの仕事しかできない。五大栄養素は、炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラルだが、豊富な栄養やサプリメントを摂っても、酵素の働きがなければエネルギー変換で呼吸や筋肉を動かす生命活動はできない。酵素は大きく分けて、加熱されてない生の食物や発酵食品に含まれている「食物酵素」と、体内でつくられる潜在酵素の「消化酵素」と「代謝酵素」の3種類がある。
酵素は熱に弱く、耐えられる温度は50℃だから加熱した食物は酵素が消える。新鮮な生の食べ物、生の肉や魚・生野菜・果物、発酵食品の味噌・納豆から食物酵素を摂る。消化酵素は、食べ物を消化分解して吸収するための酵素だ。代謝酵素は吸収された栄養を体中の細胞に届けて新陳代謝させ、毒素を排出して自然治癒と免疫力を高める。

関連記事

powered by weblio