ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

コメを神棚から降ろせ


昆 昔からある集荷業者ではなく、新規の集荷業者ですね。
熊野 そうです。一種のパワーゲームですね。だから農協も既存の集荷業者も、かなり集荷量が減っていると思います。もちろん先を見越して積んでいる業者もいます。
昆 農業界では、供給過剰でコメ市況が暴落すると言い続けるわけだけども、本誌で連載中の土門さんが、あと1、2年したら増産奨励金が出るんじゃないかと言っています。それぐらいコメが足りなくなるということです。コメの問題をコメだけで語り続けると、それだけでは解決しないというのは明々白々です。それなのに、政策を要求し続ける農業団体に政府が迎合するという状態はいつまで続くんでしょう。
針原 米価が下がっていちばん困るのは農協だと言われています。救済制度は生産者にはあっても、農協にはありませんから。農協が米ビジネスをしているかぎり、米価至上主義の要請はなくなりません。米価が上がった場合の犠牲者が誰かというと、直接的には実需者と消費者ですよね。消費者は、税金と高い米価の両方を負担しなければなりません。
昆 往復ビンタですよね。
針原 でも、長い目で見れば、生産者自らが犠牲者になりかねません。私は、いろんな地域に行っていますが、夢を持って稲作を継ごうという若者が、昭和一桁のお父さんに、「苦労していいものをつくったり、コストを下げたりする努力をするよりも、全部飼料用米をつくっておけばいい」と言われて失望したそうです。10 haぐらい持っていると、助成金だけで裕福な暮らしができるからです。これを続けていくと、培われてきた日本の稲作技術がむしばまれていきます。最終的には生産者も犠牲になるのではないかと思います。
昆 コメの市場隔離は安楽死政策であって、結局は、日本の水田経営が破綻してしまいます。先日、講演に行ったとき、何か水田経営を変えていますかと聞いたら、読者が数人手を挙げるだけで、いわゆる稲作地帯では、一人いるかいないかでした。乾田直播の畑作技術体系の経営など、コストダウンをまったくしていません。ロータリーで代かきをするという作業は、春作業のスピードが遅くなるので、規模拡大もコストダウンもできません。フランスでもイタリアでも畑作技術体系で、3倍から5倍の速さでやっています。しかし、高齢者ならともかく、わりと有名な稲作農家が湿田地帯だからなどと弁解します。米価が高いから、イノベーションを起こさずに済むわけですよね。できない理由探しをするわけです。それが役人や農協の居場所をつくっています。いわゆる農業経済学者とか、研究者面してとうとうと話しますが、彼らは農業界の利権に預かっている人たちで、科学でもなんでもありません。それがコメを神棚に載せている根源じゃないかと思っています。

関連記事

powered by weblio