ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!―農業現場の変化

外国人実習生に支えられた野菜産地/農産物生産ゴガミ(茨城県結城市)

茨城県の農業産出額1,890億円は、都道府県別にみると全国1位である(北海道除く、2015年)。中でも県西地区は首都圏の食料基地として野菜農業が発展している。労働集約型の野菜産地が発展できるのは“外国人実習生”の活用が進んでいるからだ。 かつて、農村では外国人労働力の導入を忌避する傾向があった。しかし、今は日本農業を支えているのは外国人実習生である。というより、外国人実習生が多い地域ほど農村は発展している。農村現場で、外国人実習生はどのような役割を果たしているのか。
本文を読む

関連記事

powered by weblio