ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

買うならコンバインより製粉機


結局、渡邊の考えを理解してくれたのは父だけだった。それは親であるとともに、自身もブドウ栽培の先駆者だったからだ。稲作中心の地域にあって、ブドウのほうがもうかるからと、常識にとらわれずに挑戦してきた。そんな父は20aのハウスを建てるのに必要な200万円を用立ててくれた。
実際に作り始めると、1年目で黒字となり、3年で父からの借金200万円を返せた。それを見て、周りの農家もイチゴづくりを希望する。イチゴの栽培に着手して3年後にはまずは3人が加わり、やがて一大部会となり、愛媛県で最大の産地になっていく。なにしろ10aの売上高はコメが15万円を超える程度なのに対し、イチゴは300万~400万円にもなったから当たり前である。

相対取引をきっかけに個選の道へ

だが、既述したように、現在の渡邊はイチゴを作っていない。なぜなのか尋ねると、「相対取引が始まったから」という。どういうことなのか。
「それまで農家と市場は信頼関係があった。産地奨励金を引っ張ってくるとか、イチゴのパック詰めを指導するとかで、市場は我々と一緒に頑張ってくれた。こっちも一生懸命やってきた。事態が変わったのは平成元年にバイヤーが入り始めてから。相対取引が始まり、市場が我々のほうではなく、バイヤーのほうを向くようになったんだよね。市場がスーパーの言いなりになり、パックの詰め方一つとっても、コストがかかるようになってね。おまけに1kg当たりの販売価格も3000円から2000円、さらに1000円と減っていった。これは終わったな、農業も経営も発展せんなと思った」
相対取引が進むにつれ、一つの疑問が浮かぶようになってくる。それは「みんな平等でいいのか」ということ。販売価格が下がるにつれ、部会員は栽培にしてもパック詰めにしても手を抜くようになった。結果、出荷されるイチゴの品質はまちまちになる。ただ、品質の違いは価格には反映されない。このころから渡邊は「チャンスが来たら、自分で作ったモノを自分で売るようにしたい」と思うようになる。
数年後、その思いを遂げるきっかけが生まれる。それは岐阜県高山市に旅行したときのことだ。2月に雪が降る中を歩いていると、名物の朝市が開かれていた。店をのぞいていくと、農家が田楽や牛乳プリンなどの加工品を販売している。そのうちの1軒が牛の角煮を扱っていたので、
試食してみたら、「すごくおいしかった」。聞けば、その農家は高山市でレストランも開いているという。

関連記事

powered by weblio