ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

いま高騰している野菜類の動向 キャベツ/ハクサイ/ホウレンソウ/レタス

野菜の動きがおかしい。東京市場の2017年の10月中旬は、前年が高騰したのとは対照的に、野菜のキロ平均単価が180円と近年まれに見る安さだった。しかし、その後は一転して上がり始め、例年相場が上がる12月下旬には、平年の3割高で360円を超えた。そして年明け。例年なら需要も落ち、入荷は大きく減少する。価格も240円程度にまで下がるものだが、今年の年明けには385円とさらに高騰している。これまで2~3カ月の推移と今後の見通しは、経験豊富な野菜のプロも「どうなるのか全く予想がつかない」とお手上げ状態だ。これら高騰野菜の動向を見てみよう。
本文を読む

関連記事

powered by weblio