ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

スマート・テロワール通信

自給圏で臨床試験の役割を果たすモデル農場~大規模農場の人材育成に学ぶ~

スマート・テロワール協会では、地方大学が、プラットホームとして地域のサポート機能を果たすことを提唱している。その機能は、育種から栽培、土づくり、作物の貯蔵、加工、サービスまで、食産業に関わる一貫したプロセスを地域に提示することである。そのためには、大学構内の研究に加え、医学でいうところの「臨床試験」が必要になる。この臨床試験を行なう場として、ひとつの農業経営の規模に相当する「モデル農場」を地域内に設ける必要がある。
本文を読む

関連記事

powered by weblio