ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

市場入荷野菜と輸入の相関関係 ジャガイモ/キャベツ/ブロッコリー/ホウレンソウ

2017年の野菜類の輸入統計によると、野菜類の輸入総合計は前年より4.6%増えて275万2000t、そのうち生鮮野菜は前年と変わらずに86万2000t。その一方で、冷凍野菜は6.7%増えて102万6000tだ。生鮮野菜は前年と変わらないものの、月別には随分違う。17年は秋以降に相場が高騰したが、16年の秋以降の不作傾向が年明けにもつれ込み、1月31%、2月10%、3月15%、4月18%、5月30%と、それぞれ前年同月を上回った。6月から11月くらいまでは前年並みから3割減で、12月は前年比6.2%と増えた。冷凍野菜は年間合計6.7%増で、初めて100万tを超えた。
本文を読む

関連記事

powered by weblio