ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

外国人実習生の現地ルポ 実態と課題と展望 第2回 70歳、実習生入れて規模維持、実習生なしは後継者なし JA多古町 大和芋部会(千葉県)

実習生の有無が農業継続か離農かの分岐点になっている。この5年、実習生がどんどん増えた。農業がサステナブルかどうかは土壌や農薬などの問題ではなく、労働力の有無になってきた。全国有数のヤマトイモ産地で、実習生の“効果”を明らかにしたい。
本文を読む

関連記事

powered by weblio