ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

土門「辛」聞

農林中金の利払い圧縮は農協経営にどう影響するか


今回の利払い圧縮は、機関投資家としての農林中金の資金運用に制度疲労のようなものが出てきたということか。運用資産の4分の3が米国ドルか欧州ユーロである。為替の影響を受けやすいのだ。日経記事は、利払い圧縮のそもそもの原因について何も触れていないが、経済専門紙と名乗るなら、その点に踏み込んだ解説が必要なはずだ。
  ……………………

農林中金の無責任ぶりは、記事を読む限り、利回り低下による負担を系統預け金に対する奨励金を下げることで対応しようとしている点だ。本来なら、隗より始めよの精神で、まず農林中金自体のリストラを含めた対応策を示すことではないかと思う。それに触れずに、いきなり顧客であるはずの信連や農協などにリストラの手を打てというのは、いかにも農林中金らしい横着なやり方だ。
しかもリーマン・ショックの折に事実上の破綻状態に陥った農林中金に2兆円近い資金援助で応えてくれた信連や農協などに一方的に利払い圧縮を予告することは、さすがの信連や農協などの猛反発は必ず出てくるだろう。

関連記事

powered by weblio