ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

ソバージュ栽培トマト界のキング、ここに見参

民間のとある農業関係のコンテストで兵庫県篠山市の鎌塚忠義(34)は二連覇を果たしていた。その際の受賞写真が2017年大会の開催告知に載っていたのだが、風貌からするに流行を追う青年と思わずにはいられなかった。一般にはまだ知られていないトマトのソバージュ栽培がテーマだったこともある。ところが、彼が三連覇をかけて出場したそのイベントで実際にプレゼンテーションを聞くと、こちらの認識が間違っていたことに気づかされることになる。惜しくも快挙は逃したが、今年で就農6年目の新規参入ながら、時代と逆行する“顔の見えない”農業を志そうとしていた。 文・人物撮影/永井佳史、写真提供/鎌塚忠義
本文を読む

関連記事

powered by weblio