ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

外国人実習生の現地ルポ 実態と課題と展望 第3回 全国一のイチゴ産地、実習生受け入れて生産維持 栃木県真岡市(旧二宮町)

労働集約的なイチゴ栽培は高齢化と労力不足で生産者が減少、生産は下降トレンドにあるが、50a以上規模の農家は実習生を入れて規模維持、単収アップに成功している。全国一のイチゴ産地の事例で、実習生受入れの効果と課題を明らかにしたい。
本文を読む

関連記事

powered by weblio