ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

外国人実習生の現地ルポ 実態と課題と展望 第4回 搾乳ロボット導入でデータ化 経営トータルの改革 栃木県那須塩原市青木地区

外国人実習生の増減は技術進歩の関数である。「日本の牛はロボットに合わない」ため、実習生依存が増えている。農学系と工学系が協力した技術革新が必要だ。搾乳の手間を省く目的ではなく、データ化により経営トータルの改革こそロボット化の効果だ。
本文を読む

関連記事

powered by weblio