ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

Made by Dutch、オランダ人による日本での農業経営は彼らからすればなんら特別なことではない

2016年7月、オランダ人男性のSimon Ruhe(当時24、現在26)は東京ビッグサイトで開かれた施設園芸・植物工場展(GPEC)にいた。オランダの大学で学んでおり、インターンシップで来日しているところだった。筆者も同じ学校に通っていた関係で後日詳しく話を聞くと、日本で農業をやりたいと語っていた。それから2年後の現在、彼の姿は埼玉県東松山市にあった。宣言どおり、日本で営農している。自国の先人たちが行なってきた外国での農業経営をいわば平然と進めていた。 文・写真/紀平真理子
本文を読む

関連記事

powered by weblio