ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

Life goes on. それでも地元で干しいもを作り続ける

農業経営は外部環境に左右される。自然条件、農地、水利、土質、地域の人間関係、景気、ライフスタイルの変化、流通の勢力図……。経営者は外部環境に不平を言っても始まらず、強さを磨き経営を持続させるべきだとされる。しかし、茨城県東海村の照沼勝浩氏は、原発事故による風評被害という不確実な環境に何度もさらされてきた。それでも新たな挑戦に取り組み、地元で干しいもを作り続けている。 文/松田恭子、写真提供/(株)照沼勝一商店
本文を読む

関連記事

powered by weblio