ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

ミカン産地の永続を願う 農業人としての農協経営

今回の主人公はミカンの一大産地、静岡県西部のJAみっかびの組合長である後藤善一だ。農業の経営者として大成した後、農協の経営に入ったその目に、この巨大組織はどう映っているのか。産地の展望とともに聞いた。文・写真/窪田新之助、写真提供/JAみっかび
本文を読む

関連記事

powered by weblio