ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

イタリアを合わせ鏡にすべき日本農業

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第271回 2019年01月07日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
今月の特集内容と一部被ってしまうかもしれないが、座談会の「あとがき」という意味も含めてお許し願いたい。それは、今回EIMAでイタリアに行ったことで強く思うところがあったからだ。
今回のEIMAに参加しての齊藤、波多野両氏の座談会でお二人が口をそろえて言うことは、「プラウの復権」であり、「トラクタ及び作業機大型化への懐疑」だ。
それは除草剤だけでは解決できない雑草の問題、あるいはこれまでの農業の在り方に対する反省からである。とはいえ、トラクタ及び作業機の大型化は進んでいる。それは日本でも同様なことだが、EU諸国の中では農業経営サイズや使用機械が比較的小さい国であるイタリアでも同じことのようである。
それとイタリアあるいはEIMAに行って僕が強く感じたのは、元気で堂々としたイタリア農業の姿だ。EIMAに来る家族連れや若いカップル、それに中学生か高校生と思われる若者たち。日本の農業展示会ではあまり見ないような光景がそこにあった。農家たちが、そして若者たちが農業機械の展示会で明日を夢見ているように僕には見えたのである。そして、汽車の車窓から見たイタリアの農地は農家の丁寧な仕事ぶりが見えた。

関連記事

powered by weblio