ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

ロブストス高垣の今日も一丁あがり

あなたの心の“下町ロケット”に火をつける!の巻

皆さん、こんにちは! 米軍仕様のアンダーシャツとユニクロの超極暖ヒートテックの二枚重ねで、全身ポカポカのロブストス高垣でございます。
先日、どうしてもここで書いておきたい出来事が起きました。始まりは、品質にこだわって作物を生産されている農家さんからの「とある特殊な農業機械の部品が廃番で手に入らないのだけど、ロブストスで修復できないか」という問い合わせでした。早速、現物を確認すると、さすがに直せる状態ではなかったんです。ふとこの部品ならどこかに新品がありそうだなと思って、その部品メーカーの関係会社をいくつか追いかけたら、同型の新品在庫があることがわかったんです!! ところが、電話で対応してくれた担当者から届いたメールには「ロブストスのことを調べた。なんとか力になりたい。でも商流のしがらみで出せない。手元にある部品を出せないのが本当に悔しい」という内容が綴られていました。決まりならば仕方ないと諦めて別の調達ルートを模索し始めたところ、「発送致しました」という一報が! このメールには続きがあり、「これは会社を通さず致しました。これまでのメールは削除してください。代金についてはいただきません。個人間のお取引とさせてください。これから本格的な寒さがまいりますのでご自愛ください(原文ママ)」と。その翌日、本当に僕の手元にその部品が届きました! 慌てて電話すると「今年もおいしい作物ができたら嬉しいです」と一言だけ。マジのマジでアツすぎます!!

関連記事

powered by weblio