ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

逃げずに前向きに繊細さを加味しながら挑んだ大規模経営

個人事業主である農家では、子が親に向かって意見するのは昔の時代ほど困難だったに違いない。しかし、多額の負債を抱え、農協から肩たたきに遭うような事態に至っては座して死を待つことはないだろう。北海道大空町の石原新太郎(62)は目前に迫った危機に接し、弟とともに状況の改善に乗り出す。方向転換後に不運な災難に直面するが、それにもめげず、主体性を持った経営で馬鈴薯の生産では北海道有数のレベルに成長した。 文・写真/永井佳史
本文を読む

関連記事

powered by weblio