ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

日本ワイン比較優位産業論 現地ルポ 第2回 甲州ワインの価値を高めワイン産地勝沼を守る 勝沼醸造株式会社(山梨県甲州市)

生食用ブドウが「日本ワイン」の競争相手だ。この卓越した状況分析こそ、有賀社長の経営論の出発点である。勝沼のワイン産地を守るには、ワイン価格を高めて原料ブドウの買い付け価格を上げることが必要と、ワインの高級・高価格戦略を実践している。自社畑も拡大。
日本ワインは原料制約から成長できないという見方は実証できない。
本文を読む

関連記事

powered by weblio