ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

日本ワイン比較優位産業論 現地ルポ 第2回 甲州ワインの価値を高めワイン産地勝沼を守る 勝沼醸造株式会社(山梨県甲州市)


勝沼地区は圃場面積が小さいので、自社畑は北杜市や南アルプス市などで展開するケースが多い。ブルゴーニュを超えてボルドー規模の自社畑だ。規模の利益からコストダウンもあろう。さらに、日本ワインは生食用と競合し原料の制約から成長できないという見方もあるが、そうした見方が現実的ではないことを示している。ワイン産業はダイナミックな構造変化期に入っている。

関連記事

powered by weblio