ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

ロブストス高垣の今日も一丁あがり

最小限のコストでクレームを解消する“ロブストス流鶴の恩返し”! の巻

皆さん、こんにちは! 冬の寒風が奥歯にしみるロブストス高垣でございます。少年時代にグミを食べ過ぎたせいで歯が弱ってきました。
話は変わりますが、懇意にしてくれていたメーカー系ディーラーの営業担当者が退職してしまうんですよ。農家からの信頼は厚く、現場からの特注の依頼にも一緒に挑戦するなかで、連携がスムーズになっていたからこそ、悔しくて……。でも、理由を尋ねると、いまの仕事が嫌いなわけじゃないのだけど、とのこと。別の農機ディーラーでも、去年だけで若手が10名以上も退職しているそうです。地域によって働く環境に違いはあるのでしょうけれど、農機の提案に加えて特注対応や自動化、アプリまで幅広く知見が求められ、さらに重要度が増す仕事だと思うんです。現場のモチベーションをどう育てていくかは、農業界全体で考えるべき課題ではないでしょうか。ということで、今月は群馬県のやる気みなぎる農機具販売店からの相談を♪

関連記事

powered by weblio