ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

北海道長沼発ヒール・ミヤイの憎まれ口通信

蝦夷を望む 第1話

さー着いたぞ、これからは自由だ。米を思いっきり好きなだけ作れるぞ! 「はい、そうですね」と静かにつるは答えた。 まだ開拓も進んでいない北の大地にやってきたのは、南部藩の下級藩士である林田勘三郎と妻のつる。
本文を読む

関連記事

powered by weblio