ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

シリーズ水田農業イノベーション

花巻子実コーン組合が「実績検討会」を開催 6年間の取り組みと課題解決に向けた連携

(有)盛川農場の盛川周祐氏が2013年に子実トウモロコシの生産を始めてから6年。様々な人々と連携しながら、活動は年々広がりを見せていった。18年には花巻子実コーン組合を設立。当初から参画してきた畜産農家や機械・種子メーカー、さらに研究者も加わり、今回岩手県花巻市で検討会が開催された。
本文を読む

関連記事

powered by weblio