ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

北海道長沼発ヒール・ミヤイの憎まれ口通信

蝦夷を望む 第2話

ド、ドォー
一瞬の出来事だった。まるで小船が大波に飲み込まれたような衝撃を感じた。
天を見上げれば床が見え、足元を見れば天井が見え、隣にいた猫が宙を舞っていた。
本文を読む

関連記事

powered by weblio