ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

庄内の水田農業が変わろうとしている

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第275回 2019年04月26日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
山形県鶴岡市に向かうべく新潟から汽車に乗った。3月の末で雪はすでに溶けている。見ていたのは海側の景色だけだが、鶴岡に至るまでの田は秋のまま田起こしした様子がない。鶴岡市に入ったと思われる場所でサブソイラーの跡が残る場所が1カ所と、スタブルカルチであろう作業機で秋起こししたと思われる田が2カ所くらい。これが日本海側の水田農業だ。
全国どこでもプラウの普及率は限定的だが、秋起こししている場所は少なくない。こうした積雪地帯の人に秋起こししない理由を聞くと、秋起こしすると春に田が乾かないという。そもそも田が排水不良になっているからではないのか。雪国でも秋起こししてぬかるみにならないという読者も少なくない。長年の浅い耕起と機械による踏圧の結果の排水不良がそういう思い込みを積雪地帯に定着させ、秋起こしだけでなく畑作技術体系導入を妨げているのではないだろうか。また、稲刈りが終わるころはもう時雨時期で田に入れないという人もいる。しかし、1作だけでも無代かきでの稲作をすれば田の乾きは圧倒的に良くなり、秋起こしも不可能ではなくなるのではないだろうか。
3月26日、山形大学農学部食料自給圏「スマート・テロワール」形成講座主催による「庄内地域における水田畑地化に向けた勉強会」にアドバイザーとして参加すべく鶴岡市に向かった。

関連記事

powered by weblio