ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

庄内の水田農業が変わろうとしている

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第275回 2019年04月26日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
山形県鶴岡市に向かうべく新潟から汽車に乗った。3月の末で雪はすでに溶けている。見ていたのは海側の景色だけだが、鶴岡に至るまでの田は秋のまま田起こしした様子がない。鶴岡市に入ったと思われる場所でサブソイラーの跡が残る場所が1カ所と、スタブルカルチであろう作業機で秋起こししたと思われる田が2カ所くらい。これが日本海側の水田農業だ。
本文を読む

関連記事

powered by weblio