ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今月の数字

8,844名(農研機構が開発したレタスの出荷予測アプリの利用者数)

農産物の価値を追求する方向性には、極端にいえば「希少性」という軸と「安定供給」という軸がある。共通するのは提供される商品が消費者から認められて信頼されるという点であり、希少性を追求したブランドも一定程度の安定供給を要求される。
本文を読む

関連記事

powered by weblio