ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

シリーズ水田農業イノベーション

スガノが乾田直播のコンビネーション播種で最高時速14kmを実現する「タインローラ」を発売

 スガノ農機(株)(以下、スガノ)は3月29日、茨城県の本社事務所でメディア対象に新製品発表会を開いた。「タインローラ」と「新型スタブルカルチ」の2機種になり、前者については乾田直播(以下、乾直)のドリルシーダーとコンビネーションで使用可能で、最高時速14 kmを出せることが最大の特徴だ。同社ではパワーハローの代替で提案することにしている。 (文/永井佳史)
本文を読む

関連記事

powered by weblio