ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

実践講座:したたかな農業を目指す会計学 続・入るを計り出を制す!

費用対効果と投資対効果(5) 自賄いの真価を問う

農業の醍醐味とは

“儲かる農業”という表現も最近は見慣れてきたように思う。しかし、残念なことにほかの産業に比べれば経営の利益率は低く、経営者層の時給もいまいちという現実は変わっていない。そのことを逆手に取っているからこそ世間で“儲かる農業”がウケたわけで、国や自治体はその実現に向けて農政を組み立てている。しかしながら実際には、儲かる経営にたどり着いている経営はほんの一握りである。
本文を読む

関連記事

powered by weblio