ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

ウリ類果物の役割はどう変わったか スイカ/コダマスイカ/アールスメロン/アンデスメロン

昭和の末から平成最初にかけてバブル経済が絶頂期に至ると、衣食住に贅沢が行き渡ったが、以降、十数年はバブル崩壊とともに、価格の低下志向と購入量の減少傾向が続いてきた。こうした需要構造の変革は永年果樹である果実類には深刻な影響を与えた。平成20年ごろまでには、経済全般も下げ止まり、リーマンショックや東日本大震災などいくつもの経済的なマイナス要因は多かったものの、平成末までには多方面で回復や新たな価値づけへの動きも始まった。平成20年と30年の10年を対比させながら、また過去の入荷動向も参考にしつつ、その位置づけ、役割の変遷を見てみよう。
本文を読む

関連記事

powered by weblio