ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

スペインのニンニク用機械で将来の農業を考えた

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第276回 2019年06月28日
  • 価格:103円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
北海道紋別市のナカザワアグリマシーン(株)の山田俊作ダニエル代表がスペイン人のカルロスさんとともに来社された。カルロスさんはニンニク用機械に特化したスペインの農機メーカーJJBROCH社の方で、同社は種子処理から播種、収穫、乾燥・調製までの一連の機械を扱う世界で唯一のニンニク専門メーカーである。ナカザワはその輸入元になる。
本文を読む

関連記事

powered by weblio