ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

地域に愛される養豚業を目指して

(株)山形ピッグファームは、母豚数2400頭、年間飼養頭数4万8000頭で、養豚経営としては県内最大だ。その経営をけん引するのが代表取締役の阿部秀顕になる。同社は一時、環境問題を巡り、地域との間にトラブルを抱えた。それを乗り越えてからは、従来以上に「地域に愛される企業」になるべく努力を重ねている。地元と共にブランド豚を開発し、大規模化するにつれて希薄になっていた地域や消費者とのつながりを取り戻した。 文・写真/窪田新之助、山口亮子、写真提供/(株)山形ピッグファーム
本文を読む

関連記事

powered by weblio