ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今月の数字

1万1,700t(JAきたみらいのたまねぎ貯蔵施設能力)

ここ数年、業務用たまねぎの産地化が各地で進んでいる。2017年の国産たまねぎは、10年前に比べ作付面積は増加したものの、出荷量は1,099千tとほぼ横ばいであり、輸入量が294千tある。これら需要量のうち約6割は加工業務需要であり、そこに占める輸入の割合が高いことから、生産振興が叫ばれてきた。
本文を読む

関連記事

powered by weblio