ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

山道弘敬の本質から目を逸らすな

スマートアグリシティーのすすめ(その2)

日本の馬鈴薯栽培で最も生産量が多いのは澱粉原料用である。2018年12月10日に北海道帯広市で開催されたポテトフォーラムの資料によれば、平成28(2016)年度の国内の馬鈴薯生産量約220万tのうち、約70万t(32%)が澱粉加工用である。
本文を読む

関連記事

powered by weblio